• Categories: 未分類

    我が家には、3歳になるトイプードルがいて、名前をカイといいます。妻と結婚した際にお迎えし、我が家の息子として大切に育ててきました。昨年娘が生まれてからももちろんそれは変わらず、娘のいい遊び相手になってくれていて、まるで本当の兄妹のように仲良しです。

    普段は室内で自由にさせていますが、家を留守にする際は屋根付きのケージにいれてお留守番をさせています。結構大きめのケージで、屋外で大型犬を飼うための犬小屋や犬舎みたいな物なのですが、お留守番中に窮屈な思いもさせたくないのでこれで良いと思っています。ちなみにその犬小屋、もといケージには南京錠を付けてあって、それを開けないと外には出て来られません。以前脱走してしまったことがあったので、脱走対策として付けたものになります。

    その南京錠が、今回の事態を引き起こしました。買い物から帰宅してケージからカイを出してあげようとした時、南京錠の鍵が無いことに気付きました。家の小物入れにいつも置いてあるはずなんですが、そこに無いんですね。ケージは屋根付きなので、この南京錠を開けない限り、カイは外に出られません。それどころか、中の掃除や水の交換、更にはエサをあげることもできませんから、もう私と妻は大パニック。どうしようどうしようと慌てふためき、開くわけもないのにケージの扉を一生懸命ガチャガチャやったり、とにかくパニックでした。妻なんか、慌て過ぎて涙目になっていたほどです。

    最終的に、業者を呼んで南京錠を開けてもらいましたが、業者が来るまでの間ずっと、二人してカイに謝ってオヤツなどをあげていましたね。あんなに焦ったのは何年ぶりだろうというくらい、焦っていたと思います。業者の方に開けてもらった時は、感極まってお互いの手を取り喜んでしまいました。作業自体はわずか数分でしたけどね(笑)カイに申し訳ないので、今後は鍵の管理を再度徹底しなければと感じています。

Recent Posts