• Categories: 未分類

    うちの父親は根っからの現金好きですので、何をするにしてもケチる傾向にありました。そのケチな性格は家を建てる時にも表れており、そんな細かな部分まで値切らなくてもいいじゃないかというポイントまで注文をつけて安物を使用する徹底ぶり。玄関のカギも父親が注文をつけて安物を使用した部分の一つでした。ですから、一般的なご家庭のカギと比べて非常に簡単な作りのカギになっており、さらにシングルロックですから一度カギを開けられてしまうと速攻で侵入されてしまう危険性の高いもの。そんな安物のカギを使っていると、いつかは泥棒が入るのではないかとずっと思っていました。

    総務省|インターネット選挙運動の解禁に関する情報((2)誹謗中傷・なりすまし対策)

    そんな矢先、私が学校から帰宅した時に誰もいないはずの玄関のドアが開いており、家の中を確認すると泥棒に入られるという事件が発生。しかし、この時に私が感じたのは「やっぱりか」ということであり、いつかはこんな日が来ると思っていた分、簡単にその現場を受け入れることができました。とりあえず両親に電話をして警察を呼ぶことになり、その日は家族全員が慌ただしく、そして気分が沈んでいたことを覚えています。

    防犯対策(補助錠)

    父親からしてみるとなぜ泥棒が入ったのかと憤りを隠せない状態でしたが、私や他の家族からしてみるとあんな安物のカギを使っていたのだから、案の定このような状態になってしまったという思いがある分、父親のそんな言動に対してかなりの不満を抱いていたのも事実です。実際に高級なカギを使っていれば泥棒が入ってくることなどなかったはずですからね。

    川崎の鍵屋さん

    その後、家族会議をして二度と泥棒が自宅に侵入しないようにするために、玄関のカギをちょっとだけ高いものにし、さらにダブルロックにすることになりました。そうすれば少なからず二回目の泥棒被害は抑えられると判断したからです。安物買いの銭失いといいますから、この経験から、大金を取られないようにカギにお金をかけておくことは大切ことだと思いました。

Recent Posts